忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝は起きてまず最初に思い切って、ずっとやりたかったバスルームの大掃除をしました。

天井や壁や浴槽、そしてドアやライトの上、流しの裏側など、普段目にしていない部分の汚れとじっくり向き合って一心に磨いていると『落とせない汚れ』への対処のスペシャリストだったゲストハウスの先輩、仲良くなった色々な国のゲストたち、それから昔の職場でお世話になった方々との時間が次々と頭に浮かんできて、自然と力がわいてきます。

「水周りの掃除を丁寧にすると、人間関係もスムーズに流れる」

という話を以前どこかで聞いたので、今日は見えないところほど丁寧に、道具をうまく使い分けながら隅々まで汚れを落とすことに集中しました。

若い時、私は日本人同士だと、時々どうしても相手に気を遣い過ぎて、自分の気持ちを押し殺してしまうようなところがあり、衝突を恐れるが故に、本当に打ち解けられた相手でなければ、職場でも恋愛でも、思うように関係を太くできないのが悩みでした。

けれど今、販売の仕事では毎日知らない日本人に会い、その人がどんな事を求めているのかを、短い時間の中で読み取りながら、その人に合った言葉で語りかけ、一番ふさわしいものを一緒に選んで、包んで、受け渡すということを常に繰り返しているので、自分の考えを明確に伝えることによって、こんなにも人を喜ばせることができるのだという実感をもてるようになりました。
 
今年は関西から契約社員の女の子が一名入り、彼女の存在によって売場スタッフ一人一人の心が繋がってきたり、プライベートでも以前『Piacere』という記事でご紹介した、あの素敵なイタリア人青年がこっちで暮らすことになったりと、一気に人との交流が活発化し、人との関わりに対する発想が少しずつ変わって、段々心がほぐれていくのがわかりました。

その二人に出会ってから、私の軸は前よりも少し太くなったような気がします。

状況に応じて、正直な気持ちを恐れずに伝えてみることで、もっとお互いが見えるようになり、苦手だった人とも、反対に、大切すぎて優しくすることしかできなかった相手とも、率直な意見交換ができるようになってきました

きっと、そういったタイミングもうまく重なり合い、来月には印象的だったカオサンのスタッフやゲスト達と再び会う予定が、少しずつできてきました。そしてイタリアの青年も、昔お世話になった大切な人に私を紹介したいと言ってくれています。

その一人一人の人達との時間の中で、これまで閉ざしていた扉の向こうがわの景色を見られるように、明日からもじっくりといらないものを捨てながら、自分の環境を整えていきたいと思います。























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ふたり  | HOME |  Riverside≫
[79]  [78]  [77]  [74]  [71]  [70]  [69]  [68
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]