忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今月は誕生日に体調を崩したり、高かったピアスや時計を失くしたりと、プライベートでは散々な事ばかりでしたが、4年に1度しか訪れない今日、この日・・とても嬉しい事を耳にしました。

なんと、社員の方が今月のMVPに私を推薦して下さるそうなのです☆★

良いおもてなしを沢山し、リピーターの方がいらっしゃったり、
感謝の言葉を戴いたりした時などに評価されるようで、
3回推薦されると、なんとドイツを始めとするヨーロッパ研修に行くことができるのです!

入店した頃は、素敵な推薦文の横に映し出された先輩社員さんが、賞状をもって大きな笑顔で
バックヤードの一番高い所に貼りだされているのを見上げて、

「まだ、手が届かないな・・でも、きっといつかは・・」

と、思っていた賞をようやく戴けることになりました。

今月は確かに、ここぞという時に高額品が奇跡的に数点売れるという事が続き、
店舗の売上にも大きく貢献できました。閑散とした日も多かった中、個人累計では180万近くまで
売れ、苦手だったブランドのバッグも何度か売れるようになって自信がつきました。

心の中のミランダとアンディーに助けられたのかもしれません(笑)

中でも印象的だったのは、バッグ、財布、ネックレス、そしてヘアアクセサリーと、合計7万円分も
お買い上げ下さった女性達。

そして、別の日には何気ない小さな飾りの時計だけれども、とても大喜びしておみやげに
買って行かれた中国の女性達。いずれも親子連れで、お母様が特に幸せそうでした。
まだ拙い中国語ですが、少しでも話せるとやっぱり嬉しいみたいで、
グループで来た他の方たちもニコニコしながら「じゃあ、私も!」と、買って行って下さいました。

あとは「会社の送別会で配る物を探している」という男性に、イタリア製のキーホルダーをご紹介
したところ、15点まとめてお買い上げ下さったケースもあり、こちらも大きな自信に繋がりました。

調子が出なかったりして、うまくいかないと葛藤することもある中、それでも状況をなんとかしようと
良い結果を心から念じながら動いてきた事が、ようやく小さな実を結びました。

来月は年度末。棚卸しもあり、何かと忙しい時期に入ります。

今年も幸せな気持ちで桜を眺められるよう、悔いのない一日一日を過ごしていきたいと思います。


















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとう
今晩は!

月間MVPおめでとう!
スポーツ選手みたいで凄いですね~。

3回ゲットでヨーロッパ研修か~。目標ができましたね。

がんばって下さいね!
ごみつ 2012/03/01(Thu)18:56 編集
ありがとうございます!
素敵なおもてなしをした人には、そのエピソードと共にスタッフが一言メッセージを書いて、毎月エリア内で、どの店のどのスタッフが、どんなサービスをしたかなどを紹介する制度もあります。

以前、私の事を書いて下さった記事が社内報にも載ったことがあり、感激しました。

個人のモチベーションを高め、互いのサービス向上を目指すこの制度は大変素晴らしいと思います。一流ホテルでも採用されているようで、働く環境の整った会社で仕事ができて本当に良かったです。
沙り 2012/03/02 19:13
≪Riverside  | HOME |  Being≫
[79]  [78]  [77]  [74]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]