忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

matuma.jpg


 


 


 


 


 


子供の頃、お正月の朝起きてふすまを開けると、父と母が朝早くからおせち料理のしたくで台所に立っている背中が見えました。



まだ小学生だった私は1Fのポストから年賀状をもってきたり、ぎんなんを炒ったり、おもちを焼いたりする係でした。


お酒とうまいものが大好きな父が、お正月料理のなかでもっとも力をいれていた献立のひとつに「松前漬」というのがあります。地方によっては「まつま」と呼んだりもします。北の方にご親戚のいらっしゃるかたはご存知かもしれません。


材料は細切りにした昆布と、干しいかと、切干大根です。


乾燥しているものが市販されているので、最初にそれを水で戻し、昆布のねばりが出てきたら切干大根をまぜ、味付けは酒としょうゆでおこないます。シンプルなだけに、ちょっとしたさじ加減で味が変わるのがこの料理の特徴で、父の味を引きつぐため、今年は私が挑戦することにしました。


「ちょっとお醤油の味がきついかな?」と思ったらお酒をたし、


「あれ?今度は酒が多いな…」と思ったら、また醤油をたす・・といったあんばいです。


しかも時間が経つと、さっき感じた味とちがっていたりして、なかなか簡単には味が決まらないのです。


そこで母の助言により、冷蔵庫でいったんなじませたあと、最後にほんの少しのめんつゆで味を調えることにしました。


家庭によってはみりんを使うようですが、我が家はみりんの甘味をあまり好まないので、こういった方法をとっています。


そうそう、忘れてはいけない数の子も小さく切って混ぜます。


コリコリした食感が昆布のねばりとあいまって絶妙な味をうみだします。


私は毎年、父がつくるこの松前漬が大の好物でした。


父は「どうだ、うまいか?いい出来だろう。」といって、上機嫌でおとそを口にするのでした。


 


私は専門学校を出てから今の職場に出会うまでの間に、一度だけ社会の中での自分の在り方を見失った時期がありました。苦手なジャンルの部署に配属され、数字に追われながら四苦八苦し、結果を思うように出せない自分を限界まで追い詰めてしまったのです。

鬱屈した日々の中で段々と自分らしさを失い、両親にはものすごく心配をかけました。


その頃は、父とは別々に暮らしていて、たまにしか会うことがありませんでしたが、ある冬の寒い日、私がなかなか次の仕事を選ぶ決心がつかず、落ち込んでどうしようもなかった時、母と私を有楽町のガード下に連れて行ってくれました。


 


「どうだ。うまいだろ?お前は父さんの子だからこの味がわかるよな。


いいか、沙里。うまい酒の味がわかることも一つの能力なんだぞ。


お前は父さんとそっくりだから、今お前が抱えてる苦しみも父さんならよくわかる。


でもな、働いたあとに呑むのが本当は一番うまいんだ。


自分が何もできないと思うなら、とにかく汗を流せ。


他にいいことが見つからなくても、この一杯のために働いたっていいじゃないか。」


 


それは私にとって生涯忘れられない言葉になりました。


それから一度、英会話学校の仕事を通していろんなことを学び


しばらくして、ある本屋の支店オープニングスタッフの募集記事を見つけました。


「もうここしかないと思うよ。人間関係もゼロからのスタートだし、お前は本が好きなんでしょ?」


という母の一言におされ、それまで奥に閉じこもっていた生きる希望がうわっとあふれだし


履歴書の小さな志望動機の欄にはおさまりきれなくなって、


レポート用紙にめいっぱい自分の思いの丈を綴りました。


店長は思わぬ猛烈アピールに驚き、喜んで、すぐにお返事をくださいました。


 


こうして21歳の夏に新たなスタートを切りだし、


まだ何もないまっさらな棚にダンボール50箱分の本を1冊1冊、


自分たちの手でさしていきました。


研修の時、初めて気づいたのですが、そのお店の包装紙は


父が会社から帰ると、いつも手に持っていたブックカバーとおんなじ柄だったのです。



見た瞬間「あっ!」と、とても懐かしくなりました。


少しずつ仕事も軌道にのり始め、ようやく本当にお酒の味がわかるようになって間もなく

 

父が突然この世を去ったと、一本の電話で知らされました。



22歳の12月の夜、いつものように店を閉め、皆で帰ろうとしていた矢先の事でした。

  

  


小さい頃から私と一緒にお酒を呑むことを心待ちにしていた父と


ほんの少ししかその時間を共有することができず、本当に無念でした。


もっと教わりたかったことがたくさんありました。


おいしい肴の作り方…父から教わったのはたった一つ。それもごく簡単なものだけです。


だからこそ、今日の松前は何としてもおいしく作りたかった…


小さな父の遺影を食卓におき、記憶と勘をたよりに酒と醤油の瓶をかたむけました。


あの時、父はうしろで力を貸してくれたのでしょうか…


思った通りの味がだせました!母も喜んで褒めてくれました。


食卓には母特製のお雑煮の香りがたちこめて


私が赤ちゃんの頃、母の背中におぶさって「う、う!」と


指さしえらんだ、朱色のおとそが三つ並べられ、


今年も我が家のささやかなお正月を迎えることができました。





































PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
わーい
リンクに貼ってある~♪
ありがとうございます、私のほうも貼らせてもらいますよー

さりさんが写真や落語がすきとは知りませんでした。

文章も静かで素敵

なんだか直接はなしを聞いているみたいです

また来ます
のこ 2007/01/05(Fri)22:36 編集
ようこそ、のこさん!
おっ、一番乗りだね☆

さっそく来てくれてうれしいですo(^-^)o

どうもありがとう♪

落語を聴いていると、

のこさんがいつも墨で描いているような

江戸の町人たちの活気あふれる様子や、

人情味を感じたり、

とんちや洒落のきいた言い回しなんかから、

昔の日本の言葉の趣きを感じられたりするのが

楽しくてね。もともと日本語や日本の文化を

外国の人に伝えたいという夢があったから、

自然に惹かれていったんだ。
サリー URL 2007/01/05(Fri)23:10 編集
再びごみつです。
連続でごめんね。

お父様、亡くなられてさぞ寂しかったでしょうね。
とってもステキなお父さんだったんですね。

さりさんの、愛情溢れる文章もとても素晴らしいです。
私も父親は2年前に他界し、今は一人暮らしです。
最初はかなりさびしかったけど、やっと慣れて来ました。
今年の元旦は、仕事の都合でどこにも行けなかったので、一人で仏壇のある部屋で、雑煮を食べたりしてお祝いしましたが、ロンリーな感じがなかなかおつなお正月でした。

また飲みながら、ゆっくりお話でもしましょうね!

ごみつ 2007/01/06(Sat)00:02 編集
かけがえのない時間
本当に親というのは、

とつぜんいなくなってしまうものなんですね…

私の父はなんだか大きな子供みたいな人でしたが

お酒の味を教えてくれたことには本当に感謝しています。

大人になってから話したい事がたくさんでてきたのに、

一緒に酒を酌み交わすことができないのは寂しいですね。

でも、目には見えない形で残してくれたものはきっとたくさんあって、

日常のふとした瞬間にそれを見つけたりできるので、

これからもそういった一つ一つの気づきを大切にしていけたらなと思います。
サリー URL 2007/01/06(Sat)09:49 編集
やっと来れた!
サリーさん、やっと来れました!
遅くなってごめんなさい。

会社の休み時間にちょこっと見せて頂いただけので、今じっくり読ませて頂いて、涙が出てきました。

サリーさん、他のみんなが一生懸命棚出しして、いいお店を作ろうと努力したお店が無くなるって、本当に辛いよね。

サリーさんの文章を読んでいて改めて思いました。

お父様は今でもずっとサリーさんの側にいらっしゃって、見守ってくださっていると思います。

お父様が持っておられたブックカバーがウチのものと同じだったのもなにかご縁があったのかも。
お父様が導いてくれた?

これからは今の売場でサリーさんの才能がもっと生かされていくのかもしれません。

大変だと思うけど、サリーさんならできると思います。
頑張って(^_-)-☆
くりすけ URL 2007/01/11(Thu)09:01 編集
くりすけさん☆ありがとうございます。
お忙しいなか、ようこそお越しくださいました!

くりすけさんにそういっていただけると、とても心強いです。

とても不思議なことなんですが、今まで私が働いていたいくつかのお店や部署は、

私がその場所を卒業したあと、ほとんど姿を消してしまいました。

でもまさか自分の人生の再出発点だったこの店までなくなってしまうなんて

思いもしなかったので、とても残念です。

オープニングからたずさわったスタッフは皆、悔しい思いをしています。

けれど、自分の学んだことの一つ一つを思い返してみると、

その時目に映っていた風景や、先輩や上司の言葉、同僚のひたむきな姿は

すぐそばによみがえってきます。

2年と8ヶ月間その場所でならした土の上に

今度は本店という場でしっかりと骨を組み立てていきたいと思います。

自分の思い描くような塔を築くのには、とてつもなく時間がかかりますが、

諦めることなく一日一日の小さな積み重ねを大切にやっていきます。
沙り 2007/01/16 14:25
サリー会いにきたゼ
実はワタクシもちょうど2年前くらいに
パパンを亡くしまして、今はママンと猫一匹の
生活です。
サリーのお父様も最近亡くなっていたのですね…。
サリーはいつも明るいから、
そんなふうに見えなかったよ。
ワタクシのパパンはJAZZの好きな
たまに「しりあがり寿的」ギャグをかます、
優しいパパンですた。
サリーのお父様も優しい、ちょっと小粋な
素敵な方だったみたいですね。
たまに落ち込みますが、時というのは
優しく人を癒す、という言葉を信じて毎日を
生きてゆきたいです。
rippletonefrench 2007/01/11(Thu)19:25 編集
ripさん、WELCOME☆
私がまだ慣れない頃、お客様のご要望にうまく応えられなくて

時々しょげてしまうことがありましたが、

そんな時、ripさんがいつもタイミングよくかごをもってやってきて、

おちゃめに手をふって笑いかけて下さったので、私は何度も気持ちが救われました。

ripさんのそういう、人を和ませる雰囲気は

きっとお父様からゆずり受けたものだったんですね☆。・*・;゚

私は父が生きている時にはあまり気づかなかったのですが、

父の姿が見えなくなってから、与えてもらったものの大きさに気がつきました。

これからも日常のなかのふとした瞬間に、

そういった時のかけらを見つけたら、一つ一つ大切にしていきたいですね。
沙り 2007/01/16 14:50
[8]  [7]  [6]  [4]  [3]  [2]  [1
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]