忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月になりました。

毎日がとても忙しく、気がつくと仕事に飲み込まれて、

一つ一つのいとしい瞬間が、少しずつ色褪せていってしまいます。

思うように仕事が進まず、自分を見失うこともしばしば。

そんな時、ふっとまた向こう側からさしてくる光を感じるのは、やはり言葉のおもしろさに触れた時なのです。


先日、『Piacere!』という記事で紹介したイタリアの男の子から、学校に提出する日本語作文の添削を頼まれました。

「もし私が・・たら」という表現を使って5行ぐらいの短い作文を書くという課題です。

そこには「~ですから・・」という言葉を使って締めくくるという縛りもありました。

彼は日本史が好きなので、もしも自分が日本に住むことができたら、京都や奈良などの古い町を巡りたいと書いていました。他にも宇多田ヒカルや椎名林檎が好きなので、もしも日本にいたら気軽にコンサートにいけると、かわいらしい夢を書いていました。

以前、一緒に彼と築地見物をしたあと、互いの趣味の話になり、銀座から八重洲までの道を歩く途中ずっと嬉しそうに、その二人の歌手がどれだけ素晴らしいかを力説していました。^^

その情熱たるや日本人の私を完全に凌ぐもので、次から次へと色々な曲名が飛び出し、この節回しがいいとか、かなりのコアなファンでした。椎名林檎独特の巻き舌も、

「頬をさす 朝の山手通りりぃぃ 煙草の空き箱を捨てるるぅ」

と、見事に歌いこなしていたので、そこはさすがイタリア人だなぁと感心させられました。

その日の午後、彼は秋のテストに向けて、リビングのテーブルに紙を広げて自分の知ってる漢字を思いつくままに書き出していましたが、そこには「歌舞伎町」とか「罪」、「罰」といった林檎の黒い影がちらほら見えておもしろかったです。


そんなニッポン大好き青年の彼なので、課題の解説もすべて中級の日本語で書くことにしました。

課題は全部で3問構成になっていて、先ほどの問題の他にもう2問ありました。

2問目は自分で好きなテーマを決めて「必要か不必要か?」という意見を書く問題でした。

彼が選んだテーマは「ファストフードは必要か?不必要か?」でした。

「私はファストフードは不必要だと思います。なぜなら、ある調査によって・・ですから」

という文体になっていたので、

「ある調査によって」という出だしで始まった場合は、調査の結果どんな事実が浮かび上がったのか、具体的な数字や根拠を書いた後に、結論をもってくると全体的に引き締まるよとアドバイスしました。

あとは具体例としてフライドポテトなどのメニューを入れた上で、高カロリーで「しかも」脂っこいという説明を入れると、実のある文章になるということも説明しました。


最後の問題がおもしろくて、「○○に一言」という、身の回りの人へのメッセージを書く問題だったのですが、
簡単にいうと、「高校時代の親友と10年ぶりの再会だったのに、彼は遅刻をしてきた。寒い日なのに、1時間待たされて迷惑した。だから彼には遅刻グセを直してほしい」というものでした。

私はまず「寒い中」「暑い中」「雪がちらつく中」といったように、気候には「中」という言葉を入れることで、情景として表現できるという説明をしました。そして、今後の為に「お忙しい中」「お足元の悪い中」といったビジネスでよく使う表現も一緒に教えてあげました。

さらには、「彼がどれだけ遅刻の常習犯なのか、当時のエピソードも少し織り交ぜたり、どんな様子でやってきたかなどちょっとしたセリフを入れると、読む人も彼のキャラクターを想像しやすくなるから、こんなに迷惑しているんだということがもっと伝わるよ」と、顔も知らないそのお友達にはちょっぴり申し訳ないアドバイスをしちゃいました。(^^)

他にも、こごえながらじっと時計をにらんでいる様子や、「1時間」 と 「待っていた」の間に 「も」 を入れると、もっと強調できるとか、最後のはもう文法のチェックだけでなく、いかに先生を笑わせるかみたいな部分にも情熱を注いでしまいました。

一つ一つの文章はそれぞれ短く、比較的とりかかりやすいものでした。それだけに、より良い文章を書くための注意点と工夫について深く考えることができたので、私もとても楽しかったです。

机で彼の文章を読んで、先生が笑ったり、感心したりしている様子が浮かんできました。

(以前、中国の大学生に「日本の裁判員制度についてどのように考えるか」のアンケート文の作成を頼まれた時は自分も知らない事だらけだったので、かなり大変でした


外国の人がよく間違える使い方として、以下のような例があります。

「~ができるだと思います」

「~をするが好きです」


こういった一文字を入れるか入れないかを見分けるのは、慣れていないとやはり難しいようです。


ちなみに「だ」を使って「思います」という文章を作る時は、

「できそうだ」「かわいそうだ」「いい国だ」といったように、

「だ」の前が形容表現や名詞になったりする場合かなと思い、そのように解説しました。

(※でも、まちがって形容詞を入れちゃうと、「ソレ、チョト大きいダと思うヨ」ってな感じになっちゃうのでダメです。笑)

「形容表現」と書いた部分については、本当のことをいうと品詞をうまく特定できなかったのですが、
今、詳しく調べてみたら、「できそうだ」の「そう」は助動詞だそうです。
なるほど、たしかに「できる」+「そうだ」で動詞を補助してますね。

一方、「かわいそうだ」の「そう」は形容動詞でした。これは、元は「かわいい」+「そうだ」なのですが、口語では一語の形容動詞と見なされているそうです。

こうやって品詞分解をしていると、数学者が数字にとりつかれる感覚が少しわかるような気がします。


そして、よくある間違い2つ目の「~するが好きです」については、「~する」のあとに、「の」を入れることによって「~する事」と同じ役割をもつ言葉に変えると、使うことができますと説明しました。

日本語には、こういった曖昧で似たような違いについて、一つ一つ解説が必要であるということを考えると、
フランス語を勉強していた時に、あんなに嫌だった男性名詞・女性名詞なんて覚えるだけでいいんだなと、
思い直しました。

当時は「なぜ物の名前をわざわざ男性用・女性用に分けなくてはならないのか」と、その名詞リストの長さに苛立ちと絶望感を覚えたほどでしたが、こちらも今改めて調べてみたら、古代のインド・ヨーロッパ語族にまで話は遡ります。

今でこそ、蘭、仏、伊と多くの言葉に分かれていますが、元々は一つの言語から派生したもので、その頃、物の名前は「男性」「女性」「中性」という風に性別を分類していたのが始まりだそうです。

それが段々と簡略化され、英語ではほとんど見られなくなりましたが、ドイツ語には今でも三性が使われているのだとか。しかし「おんどり」「めんどり」などは実際の性別が反映されているらしく、どういった基準でそう分類されたのかは、よくわかっていないそうです。

以前テレビで、ジローラモと中田英寿が対談していた時に、まさにそんな話をしていました。

「日本語ニハ、ナゼ男性名詞・女性名詞ナイのか 私、不思議に思いましたデースネ。」

言語学習を進めていくと、そんな「不」の形をした蔦がいくつも絡みあっているのを見つけることが、たびたびあります。

それらを一つ一つ辿っていくと、意外なところから根を伸ばしていたり、おもしろい方向に枝分かれしたりしていることがわかり、その向こう側に人々の関係性や歴史が見えてくるのが、とてもおもしろいところだと思います。

この夏の暑さで私の蔦もすっかり干からびそうになっていましたが、いろんなものに邪魔されながらも、伸びたい方向に伸びてってやろうと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[66]  [61]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]