忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先週は雨で風邪をひいてしまったので、「あしたこそは有意義な休日を過ごしたい」と、昨夜借りてきました。

コミカルな中にそれぞれの人生の悲哀や、勇気を呼び起こす姿や社会への皮肉なんかがさりげなく織り交ぜられていて、とても楽しみながら観ることができました。

海外映画によくありがちな、あからさまなハッピーエンドっていうんじゃなくて、音楽が流れるようにさりげなく終わっていくところがとてもよかったです。

空港で彼のところに集まってくる人たちが、みんなちょっとどこか滑稽で落語に登場するような長屋の連中を彷彿とさせました。

清掃員のグプタさんがリングを投げたり、皿を回し始めたあたりなんかも、まさに演芸場でみるような光景でした(笑)調べてみたところ、この役者さんはインドでは有名な曲芸師なのだそうです。

父親の病気のための薬の持込を禁じられ、理由がわからずに暴れだしたロシア人客の通訳を引き受けたビクターが、同胞のピンチを救うため「オヤジ」と「ヤギ」を聞き間違えたと、とんちで切り抜けるあたりも爽快でした。(動物の為の薬なら申請は不要だというのを入国審査の書類をみて知っていたんですね!)

ちなみにそのロシア人客を連行しようとする保安官に向かって叫んだ"goat"という言葉を辞書で調べると、「ヤギ」という意味の他に「愚か者」「下っぱの士官」という意味もあり、自分の昇進の為に規約に縛られて罪のない人間を拘束する保安局長代理への皮肉も入っていたんだと、気がつきました☆

クライマックスからエンディングにかけてしだいに明らかになっていく、ジャズへの切り口もさりげなくて、「本当に好きじゃないとなかなかああいう風には描けないよね」と、母と二人で感心しました。
誰もいない夜の空港で、勝手に壁の塗装を始めた時のBGMもよかったです。

母は元々映像を作る仕事に携わっていたので、オープニングタイトルから、とても興味をもってみていました。たしかにシーン展開にも、セリフにもリズムがあってよかったな(^-^)


空港からビクターを追い出すための作戦を考えた保安局長代理が、指示通りに動こうとしないビクターの奇妙な動向を注視した時のセリフ。

Just leaving, just leaving... Leave.. leave.
What are you doing? Why is he kneeling? Is he praying?

ここの「何してるんだ?何でひざまずいてるんだ?祈るのか?」というリズムがすごくおかしかった☆


そして、なぜ入国許可できないとわかっているのに、毎日やってくるのかと女性係員に尋ねられた時のビクターのセリフ。

Y..you have two stamp. One red, one green.
 
-So?

So, I have chance to go New York, 50-50.

一見不可能なことを成し遂げられる人というのは、物事をとてもシンプルにみているのだな・・と、思わせるようなセリフでした。


そして、空港で知り合った女性アメリアと書店で再会したときのこと。

大量の毒を煽って死に損ねたナポレオンは、実は目が悪いから薬のビンに書いてある字が見えなかったんじゃないか話をした後、アメリアが不実の恋にはまってしまった自分を嘆いた時のこのセリフ。

「ナポレオンと同じで悪い癖があるの。自分にとって毒になる男を次から次へと食べてしまうのよ」

「君はどこもヘンじゃない。ほんのちょっと遠視なんだよ」


この言葉には私も救われたなぁ(笑)


今回はこの3つを取り上げましたが、ディテールがよくできているので、全体的に飽きがこない、楽しい時間でした。ユーモアをベースにして友情やメッセージがさりげなく込められていると、力を抜いて見られるので、かえって心に残るものだなぁと思いました。


☆。.*・'゜'・

The Terminal

-PV-
http://www.youtube.com/watch?v=Xm1xrJD5aW8

-Official site-(空港内のバーチャルツアーもできます☆)
http://www.theterminal-themovie.com/reviews.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
元気~?
今晩は。

お~、映画の記事ははじめてですね。
私、実は「ターミナル」は未見なんですよ。
サリーさんの記事読ませていただくと、とっても面白そうですね!
トム・ハンクスも大好きなので、近いうちに借りてきて見てみるね!

また良さそうな映画があったら教えてね~。#%
E:397%#

新しい仕事はどうですか?体には気をつけて、がんばってね!
ごみつ 2009/06/30(Tue)22:55 編集
映画の話
どうもどうも~☆

仕事での接客応対は100%英語なので、もっとスラスラと感覚的に英語を使えるようになりたくて、洋画を今までより頻繁にみていくことにしました。

『ターミナル』は、まだご覧になってなかったんですね!

じゃあかなりネタバレしちゃいましたね(汗)

でも、きっとお楽しみいただけると思います。

保安局長代理の役をやっていたStanley Tucciという俳優さんがとても気に入りました☆

トム・ハンクスがどんな風に役作りをしたのかも気になります。彼の役者としての知性がとても光る作品だったと思います。

語学好きの私としては、主人公をはじめ空港内のいろんな人の各国訛りの英語がきけたのがとても楽しかったです。

もし、ご覧になることがあったら、ごみつさんならではの観点も色々うかがえたらと思います(^-^)
沙り URL 2009/07/01(Wed)21:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ターミナル
The Terminal2004年/アメリカ (監)スティーブン・スピルバーグ(
URL 2009/07/28(Tue)01:17:07
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [31
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]