忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、この度は長いお休みを本当にありがとうございました。

ご心配、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした。


母に長年の間、私の心を苦しめる原因となっていたものを全て吐露しました。

沢山のことを時間をかけて話し合い

母は私についてずっと解らなかったことがわかるようになり

私も忘れていた大切なことを思い出すことができました。


真っ白な紙を4つに折り

やらなきゃいけなくて気になっていること

家でできること

外でするべきこと

そのルートで買ってくるべきもの


それをリストアップすることから、この一週間は始まりました。

それをクリアできたら赤線で消す。

脳内にある思考をデザイン化しながら

効率よく時間を使う知恵を母から授かりました。


必要なものを片っ端から買い

不要なものを片っ端から捨てました。

これまで捨てられなかったもの

それが今、本当に必要なのかどうか

冷静な判断でそれを見極めたことで

少しずつ視界がクリアになり

不思議と物事がうまくまわるようになってきました


そして長い間行けなかった父の墓参りに行きました。

新潟へ向かう新幹線から見えた

遠い山にかすみのかかる様は、とても美しく

紅葉する山々の下で、農夫が畑を耕している

そんな風景に出会い、心がとても澄んでいくようでした。


でもそんな景色を眺められるのはほんのわずかな時間で

次の瞬間にはまた真っ暗なトンネルへ入る・・

だけれども、その間も列車は前に進んでいて

次の新しい景色に繋がっている


人生というのはそういうものなんだな・・と

その時、実感できました。




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おかえりなさい
今晩は。

ブログのデザインが新しくなりましたね。
すがすがしい風が吹いている様で、とてもステキな雰囲気です。

お休みの間にも、色々と考えたり、お母様とお話したり、新潟へお墓参りにも行ってきたんですね。
沙りさんにとって、心からリフレッシュの時間になった様で安心しました。

お休みの間、メールしようかな・・とも思ったのですが、職場の事はすっかり忘れる時間も必要だと重い遠慮してました。

また一緒にがんばっていきましょう!
ごみつ 2008/11/12(Wed)00:26 編集
ごみつさん、ありがとうございます★
前のデザインがなんとなく寂しげだったので、今の気持ちに近いカラーを選んでみました。

色々とお心遣いいただき、本当にありがとうございました。

改めて、この職場のみなさんに出会えて本当に良かったと思えた一週間でもありました。

また明日から、少しずつ心を成長させていければと思います。
沙り 2008/11/13 19:54
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[35]  [31]  [30]  [29]  [27]  [26]  [25]  [23]  [22]  [21]  [20
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]