忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆうべ中学時代からの男友達を呼び出して、久々に地元の居酒屋で飲んだ。

ちょうどヤツの誕生日だった。

待ち合わせの間"EARLY TIMES"のミニボトルを買っておいた。

数年前は陸上自衛隊にいて角刈りにしてたそいつは、今はスーツを着てる。

眼鏡もかけるようになった。


突然の雨だったので、ビニール傘を差してやってきた。

席についてから「おめでとう」とウィスキーを渡したら、「おぉ!」と少し驚いてから笑って「ありがとう」と言った。


この夜も、私のくだらない失恋話を笑いながら、

そして、いろんな道を歩いてきた27歳の男としての意見を授けながら聞いてくれた。

私は子供のままだけど、彼はいつの間にか大人になったなと思った。

私の最も情けない部分を、昔から見てきてるのは多分この人ぐらいだろう。

鬱の時も。 倒れた時も。

中学卒業後はまったく会ってなかったけれど、

成人式で再会してから半年か1年に1回ぐらい、

こうやって地元で飲んで、ちょっといい話をして帰る・・そんな相手。


真剣に何かと向き合う時、私はバカに真面目になって1点に100%の意識を注いで見てしまうことがある。

好きな勉強はそれで得意になれたけど、仕事や恋愛では、それじゃあうまくはいかない。

そんなのもうとっくに分かりきってることなのに、気がつくと「あ~ぁ、またやっちゃったよ・・」のパターン。

このままじゃそろそろヤバイ・・同じところで躓いてばかりいる私に、アイツは言った。


「点ばっかり見ててもしょうがないだろ。線で考えないと」

もっと慣れてくれば、「面」で見れるようになる。

一次元から二次元、二次元から三次元・・


「先の事を想定して下地をつくっとかないと、いざ状況が変わった時うろたえちゃうだけだから」

いろんな可能性を考える想像力は必要だよ。

次こう来たら、自分はこうしよう・・という作戦を考えとかないと。

理論的な相手に対して感情的に意見をぶつけても殺しあうだけだろ。

ちゃんと二人の意見の落とし所を見つけないと。

目的がはっきりしてなきゃ、戦っても消耗するだけだ。


常に100%実現しようとしなくていいんだ。

世の中、自分の思い通りになんかいっちゃくれない。それを承知の上で「68%」実現できたらよしとしよう。

はじめから68%の力でいいなら、他のことを考える余裕も生まれるだろ?

「0か1かじゃなく、0.5を考えられるようにならないと。仕事なら0.7か8」



自分の仕事の話も織り交ぜながら、大人になった彼は実に的確な助言をくれた。

私は自分の変わらなさを痛感しながら、ただただ感心してうなずくばかりだった。

ただ慰めるだけじゃなく、ちょうどいい加減で突き放してくれるのが嬉しかった。


久しぶりにウィスキーなんか飲んじゃって、店を出る頃には、ぽわんとしていた。

1時20分・・お互いの家のある方向を指し示すような針の位置をぼんやり確認していると、

「大丈夫?帰れる?」と、訊いてくれた。

「うん。大丈夫。今日はありがとね」と、軽く手を上げ、

一人でこの道を歩いていこうと思った。





数メートル先でふと振り返ると、あいつはまだ笑ってこっちを見てた。





 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
君の瞳に乾杯
今晩は。

素敵な男友達がいるんですね。うらやましい!

純粋に友人としての男性の友達って、とても貴重ですよね。
女性の視点とは違ったアドバイスをくれるから、考えが偏り
がちな時にはとても助けになりますよね。

それに彼のアドバイスもとても適格で、サリさんの事を本当に理解してくれている
人なんだな・・て感じました。

どんな事でも100%はムリだよね。私なんか常に目標は50%位です。(笑)
低目安定ね。(笑)

お互いにがんばりましょう~。




ごみつ 2008/09/17(Wed)01:51 編集
つながり
ごみつさん、メッセージありがとうございます☆

100%じゃなくても、最低限ここまではこなそうというラインを毎日確実にクリアしていくことがとても大切なんだなと、最近実感しています。

「低め安定」っていいことだなって思いました(^^)☆

余裕のある時には、目標ラインより少し高いところまでやって残せますし、そうできたときの感覚が少しずつ自分のなかに定着していけば、基本的な力も高くなっていきますものね。私も自分の力量を考えて、焦らずにそのように着実にやっていくのが一番いいなって思いました。


それと「男の意見」・・確かに自分とはまったく違う視点で、鱗が落ちました。

中一の時は教室の席の前と後ろでボケとつっこみみたいな感じでよくしゃべっていましたが、
今では私がつっこまれてばかりです(笑)

折に触れ、彼は私の力となる言葉を残してくれました。

20歳の時にも何かで失敗して自信を失って、人に対する接し方で悩んでいたとき、
「言葉に頼らず、気持ち一つでぶつかっていく心意気も大切だよ」と言われたことがあり、心に残っています。

ごみつさんのおっしゃる通り、悩んでいる時は知らず知らず、考えが偏ってしまうことがありますよね。

特に私はあらゆることに対して、一点に意識が集中してしまうのが以前からの悩みです。

料理をすることで克服してみようかなと思います。

これを煮ている間に、この具材を切り、これができるタイミングに合わせて、こっちをレンジで温め・・
完成図を頭に描きながら、複数の作業を同時進行して、最後に食卓でそれがすべて繋がる。
そういうトレーニングが必要なのだと感じました。

転職を考える前にまず今の生活の中で鍛えるべきことがあると思うので、焦って動かないようにしようと思います。

母が元気なうちに、二人で協力してやっていこうと思います。
サリー 2008/09/20(Sat)15:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[30]  [29]  [27]  [26]  [25]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
Latest
(06/30)
(12/11)
(11/27)
(10/10)
(02/29)
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Old Notes
(01/01)
(01/01)
(01/02)
(01/06)
(01/30)
Your words
[03/01 ごみつ]
[12/09 ごみつ]
[12/08 沙り]
[11/23 ごみつ]
[10/29 ごみつ]
Me
HN:
沙り
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/02/14
職業:
セレクトショップスタッフ
趣味:
ジョギング・写真      伝統芸能・祭・旅
自己紹介:
生後3ヶ月の頃
母に抱かれながら
生まれた喜びを
懸命に伝えようとする声

我が家で大切に
保管されている
カセットテープには
そんな私の
「言葉」と「人」への
純粋な思いが
残されています

交換留学先の
オーストラリア

高校演劇の稽古場と
体育館の舞台

留学生たちと語り合った
外語学院のカフェテリア

母国語とは何かを
教えてくれた
日本語教師養成学校

身を削りながら
学費を稼ぎ出した
グランドホテル

20代を語る
全ての背景となった
駅前の洋書売場

大好きな隅田川の
ずっと先にあった
浅草のゲストハウス

そして

旅人達のターミナル・・


気がつくと
その学び舎で得た事は
すべて
外国の方々の笑顔に
繋がっていました

日本語を学びたいと
心から願う人たちの為に
どんな形でも
教える場を設け
共に学んで行く事が
私の夢です

ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]